Alles goed

オランダでの生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
お花見 :: 2017/04/06(Thu)

週末はアムステルフェーンの公園でお花見をしてきました。

P4020958 (640x480)

例年よりも桜の開花が早く、もう満開。

P4020956 (640x480)

日本人だけでなく、たくさんの人が訪れていました。今年は駐車場が用意されたとかで、昨年よりも多い人出のようです。
ちゃんと仮設トイレも設置されていました。

P4020970 (640x480)

風が吹くたび、桜の花びらが舞い散っていました。とても幻想的で美しかったです。

お花見の後、夫の友人の美容師さん宅に伺い、髪を切ってもらいました。
短く切るつもりはなかったのですが、日本への帰国後夫の両親に会うことや、出産のことを考え、毛先を少しだけカット。
最後にコテで巻いてもらって、ちょっと気分が上がりました。

その後、一緒にカットしてもらった友人夫妻と、美容師さん夫妻、私たちでスペイン料理を堪能しました。久しぶりに(比較的)多くの人と集まりおしゃべりした感じがします。
楽しい一日でした。



スポンサーサイト
  1. ちょっとそこまで
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
スヘフェニンゲン国際花火大会 :: 2016/08/15(Mon)

クロアチア旅行記少しお休み。

2016年8月13日(土)
ハーグのスヘフェニンゲンで行われる国際花火大会に行ってきました。

2016年は8月12日・13日、8月19日・20日の4日間行われ、一日につき、二つの国が競うように花火を打ち上げます。
昨年は日本も参加していたようですが、今年は参加国に入っていませんでした。
今年は、オランダ、ベルギー、韓国、中国、イタリア、スペイン、ポーランド、ドイツのようです。

13日は、韓国と中国の花火でした。

20160813_220658 (640x480)

久しぶりに打ち上げ花火を見ました。やっぱり、花火は音がいい。
日本の花火大会ほど混雑してはいませんでしたが、海岸にたくさんの人が集まっていて驚きました。
一体どこにこんなたくさんの人がいたの?と、イベントのたびに驚きます。
砂を固めて枕のようにして寝そべっている人もいました。
人はたくさんいるけれど平和な雰囲気がよかったです。

その後、バスで最寄駅まで行ったのですが、渋滞でほとんど進まず。
花火大会の帰り道って、こんなだったなあと思いだしました。
友人は電車を一本逃してしまい、家に着いたのはおそらく2時ころ……。
大変だったけれど、よい思い出になりました。




  1. ちょっとそこまで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
マウデン城 :: 2016/07/25(Mon)

2016年7月16日(土)、マウデン城(Muiderslot)に行ってきました。
オランダにある世界遺産の城です。
私たちはWeespという町まで電車で行き、そこからバスを使っていきました。
バスは一時間に一本。計画的に行ったほうがよさそうです。

P7164057 (480x360)

1300年頃に建てられた中世のお城。

P7164059 (640x480)

チケットを購入後、ガイドツアーが予約できるようになります。
(ガイドツアーはチケットの料金に含まれています)
チケットブースから少しに行ったところ(庭園の生垣のそば)に、ツアーを予約するための機械があるので、
それに購入したチケットをかざし、予約をします。

指定された時間に中庭に集まり、ガイドツアーの開始。

P7164097 (480x360)

ガイドツアーは、オランダ語がメインとのことだったのですが、ガイドさんは英語とオランダ語の両方で説明してくれました。
英語とオランダ語の切り替えは、聞いているほうさえ大変なのに、オランダ人ってすごいなあ……といつも思います。

P7164073 (480x360)

内部の部屋はガイドツアーでしか見られません。
説明を聞きながら見ると、当時の生活がわかり、お城についての理解も深まる気がします。

P7164071 (480x360)

ガイドツアーの後、お城の中を見て回りました。
ちょっとしたゲームや、触れる武器、兜からの視野を体験できる展示などがあり、楽しみながらお城のことを知れるようになっていました。

P7164089 (480x360)

また、お城で飼っている(?)鷹のショーもありました。
こどもの中の何人かが専用の手袋をはめ、そこに鷹が飛んでいきます。

P7164081 (480x360)

前回行った時には、ガイドツアーや鷹のショーなどは見られなかったので、今回は大満足の見学でした。

しかし、見学の後バス停に向かうと、次のバスまで1時間以上……。帰りの時間をチェックしておくべきでした。
歩いてWeespに向かいました。徒歩で30分くらいでしょうか。

MuidenとWeespも、落ち着いたきれいな町でした。

これはWeespにあった跳ね橋。昔からの跳ね橋(そして運河)が生活の中にあるんだなあと感動します。
(この跳ね橋は、電気で動くもの)

P7164117 (480x360)

Weespの町。

P7164121 (640x480)

もう一つのオランダのお城、ユトレヒトのデ・ハール城にもいつか行ってみたい。










  1. ちょっとそこまで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
無人販売 :: 2016/05/23(Mon)

2016年5月1日(日)

サッセンハイムのチューリップ畑沿いの道をとことこ歩いていると、チューリップの無人販売がありました。
あのような信頼に基づいた販売方法が成り立つのは、日本くらいかと思っていましたが、ここオランダにもあったとは……!!
オランダでも、小さい町だから成り立つのでしょうか。
でも、こういう平和な感じがいいな、と思う。

無人販売のチューリップ、「おもしろい!」ということで友人が購入……したものの、
「自分は飾らないから」ということで、私の部屋へ。

赤いチューリップ。
部屋に飾ったら、明るくなっていい感じ。

13123047_1194948270539043_7482671530978664030_o.jpg

赤ずきんちゃんと一緒に。

13248434_1204187689615101_5352157801221915230_o.jpg

花のある生活っていいなあ、と思いました。
オランダに戻ってきたら、また部屋に花を飾りたい。








  1. ちょっとそこまで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
チューリップ畑を求めて :: 2016/05/22(Sun)

2016年5月1日(日)

キューケンホフの外にあったチューリップ畑。
遅咲きのチューリップのようで開きかけが多いですが、なかなかいい感じ。

13123358_1194947757205761_8718104434174180012_o.jpg

4月30日のキューケンホフでは満足できず(友達曰く、8割満足したとのことでしたが)、
次の日もチューリップ畑をもとめて、ちょっとそこまで。

ライデンから電車で一駅行ったところの、サッセンハイム(Sassenheim)で降車しました。
知らなかったのですが、あのモネが「サッセンハイムのチューリップ畑」という絵を描いています。
有名なところなのかな……

まず見つけたのは、スイセンの畑。

13147418_1194947790539091_852897099535829038_o.jpg

テンションがあがります。
しばらく歩くと、ついにチューリップ畑を発見しました。

13131217_1194947847205752_5899207853564256649_o.jpg

畑一面に広がるチューリップに感動しました。

この畑の中で写真を撮り、両親に送りました。オランダっぽい景色でしょ?と思って。
母からは「さすがオランダならではだね~!日本にはない景色!」という期待通りの返事が返ってきましたが、
父からは意外な一言が。
父「あの写真見て、なんでおしゃまが米山にいるのかとびっくりしたよ!」
 ※米山……宮城県の地名。
私「?!」
父「チューリップ畑といえば米山だからさ~。チューリップで有名で、こういう畑があるんだよ。」
私「そうなの?!知らなかった……」
父「でも、おしゃまは今オランダにいるんだしな~と思って、ああ、これはオランダのチューリップかと気づいたよ。」

米山は父の実家がある町で、私も小さい頃はよく行っていました。
なので、とてもなじみのある町です。
追い求めていた風景は、実はごくごく近くにあり、なんのエキゾチシズムもなかった……と思うと、なんだか不思議な感じ。
おもしろおかしくもありました。








  1. ちょっとそこまで
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。