Alles goed

オランダでの生活を綴っています



モンテネグロへ :: 2017/02/10(Fri)

半年ぶりにブログに帰ってきました。
この半年のうちに、私の周囲では大きな変化が生じました。
ほったらかしだったクロアチア旅行記と、もう一つの夏の旅行記のあとに、その変化についても記録しておこうと思います。
オランダで生活する人にとって、多少は役に立つかもしれないから。

さて、中途半端だったクロアチア旅行記の続き。
今回からは、クロアチアのお隣の国モンテネグロのお話です。
半年前……2016年8月2日の記録です。

ドゥブロブニクの現地旅行会社では、周辺の国への日帰りのツアーが催行されています。
たとえば、ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルや、モンテネグロのコトル&ブドヴァ。アルバニアへのツアーもあるようです。
東と西の文化が出会うモスタルも気になりましたが、今回はモンテネグロへ行くことに。
いくつも旅行会社があるので、価格やツアーの内容などによって比較するとよいと思います。
私はガイドブック(Lonely Planet)に掲載されていた旅行会社を選びました。比較的費用が高めでしたが、スタッフ・内容ともに満足度は高かったです。感じのいいガイドさん&運転手さんでした。

翌朝、滞在しているホテルまでバスが迎えに来てくれました。
モンテネグロまではバスで3時間ほど。
国境を超えるため、途中でパスポートコントロールがあります。
今回はバスでの国境越えだったので、パスポートに自動車の絵のスタンプが押されました。ところで、クロアチアって、クロアチア語では「フルヴァツカ」なのですよね。パスポートのスタンプに「HR」の表記があったので、はじめは???でした。

さて、まずモンテネグロはブドヴァへ。ブドヴァは若者に人気のリゾート地だそうです。
ビーチ。

P8020032 (640x480)

旧市街はとても小さく、かわいらしい雰囲気でした。

P8020043 (640x480)

城塞に登ってみます。ブドヴァの城壁は小さな城壁でした。

P8020056 (640x480)

城塞から見た風景。

P8020059 (640x480)

しばらく散策を楽しんだ後、コトルへ向かいました。
背後に険しい山、正面にはコトル湾という場所に位置した町、コトルは天然の要塞であると言われています。

P8020069 (640x480)

アドリア海の沿岸の山は、岩の中に木がまばらに生えています。
日本やアルプスの山とは全く違う雰囲気。
コトルに残る城壁は、ドゥブロブニクのように町をくるっと覆うような城壁ではなく、山に沿って築かれた城壁です。

P8020070 (640x480)

旧市街はとても小さく、ドゥブロブニクと比べると素朴な雰囲気でした。

P8020124 (640x480)


P8020076 (640x480)

城壁の頂上まで行くには、1時間ほどかかるとか……。
自由時間が限られていたため、山の中ほどにある展望台まで行くことにしました。

P8020088 (640x480)

展望台からの眺め。

P8020093 (640x480)

P8020110 (640x480)

コトル湾は「中欧のフィヨルド」と呼ばれるように、海沿いに険しい山々が連なっています。
圧巻の景色でした。



  1. モンテネグロ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2