Alles goed

オランダでの生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
最近のオランダ :: 2017/02/14(Tue)

ブログではしばらく夏の旅行の思い出が続いていますが、オランダではここ一週間ほど寒い日が続いています。
2月に入り、寒さが緩んできたところだったのに……

P1180386 (640x480)

1月初旬、-5度ほどに冷え込んだ日。雪がちらついていました。

P1180385 (640x480)

くまのきぐるみは、毛糸が足りなくなったので、ノースリーブ。
もこもこしているけれど、少し寒そう……かな。

P1180382 (640x480)

2月11日にも雪が降り、少し積もりました。
ようやく今週から寒さが緩みそう。

P2130393 (640x480)

部屋にはチューリップを飾り、少しだけ、春の気分。
外も早く春にならないかなあと思っています。



スポンサーサイト
  1. ソーイング・編み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
ねむり姫 :: 2016/07/26(Tue)

一時帰国の時に本屋さんで見つけた、刺繍の本。
川畑杏奈さんの『annasの草花と動物のかわいい刺繍』に一目ぼれ。

ということで、夏から秋は刺繍をしよう。

川畑杏奈さんの本のほかに、森れいこさんの花ししゅうの本も購入。
まったくテイストが違う二人の刺繍作家さん。どちらの作品も、とても素敵です。
また、川畑さんのほうはサテンステッチを多用しているのに対し、森れいこさんのほうはいろんなステッチが使われています。
ステッチの練習もできるかなあということで、まずはこの二冊の本をオランダに持ってきました。

まずは川畑杏奈さんの本から。
刺したのはだいぶ前。6月半ば~下旬です。

ねむり姫。
ピローケースの端っこに。

P6284029 (480x338)

お城がものすごくゆがんでいる……
途中で下絵が見えなくなってしまったのに、「ま、いっか」で適当に刺したのがよくありませんでした。

刺繍糸は、まずは練習ということで安いものを用意したので、あまり質がよくありません。つやがない。
まだまだ初心者だけど、だからこそよい道具・素材でやったほうが上達するんじゃないかなあと思ったり……

しかし、まず直したほうがよいのは、適当な性格のほうでしょうかね。






  1. ソーイング・編み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
衣替え :: 2016/07/19(Tue)

再びブログをさぼっている間に、もうすっかり夏になってしまいました。
まずは衣替え。

13576645_1243660672334469_2419871247034401285_o.jpg

ブログ上は空白の二か月間。
これからちょっとずつ記録を残していこうと思います。
夏休み終了直前に絵日記をまとめて書いた、小学生時代を思い出します。
母が毎日の天気を記録してくれていたおかげで乗り切れました。
母の偉大さを知った夏。



  1. ソーイング・編み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
『My Crochet Animals』から :: 2016/04/03(Sun)

うさぎのあかちゃんのあみぐるみを作りました。

P4030734.jpg

頭の形、足の長さなど、いろいろバランスをとるのが難しい……

作っている最中は「なんだか微妙な感じになりそう」と不安でしたが、
最終的にはまとまったのではないかと思います。

なんだか見たことある気がする……と思ったら、「センチメンタルサーカス」というのの、うさぎに似ています。

せっかくなので、ママうさぎも作ろかなあ。
ちょっと工夫すれば、かわいくできるかもしれない。






  1. ソーイング・編み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
サマータイム :: 2016/04/02(Sat)

先週の日曜日、サマータイムが始まりました。
前日に友人と「そういえば、明日からサマータイムだね!」という話をしていたにもかかわらず、
午前中はすっかり忘れていました。

その日曜日に作ったお人形の新しい服。
サマータイムはあまり好きではありませんが(後述)、作業をするときは手元が明るい時間が長くなるので、
悪くないかもしれません……。

P3280732.jpg
*この洋服は、『My crochet doll』(オランダ語:Mijn gehaakte pop)の動物編『My crochet animals』の洋服を参考に作りました。動物のあみぐるみ本体は、どうも編む意欲がわきませんが(赤ちゃんうさぎ以外、かわいいといいがたい)、洋服は参考になります。

さて、サマータイム。
こちらの人たちは、3月の最終日曜日にサマータイムが始まると、うれしそうに時計の針を一時間進めるようです。
長い冬の終わり、春の訪れ……。サマータイムが始まることは、喜ばしいことなのでしょう。
夏も短いですから、こちらの人々にとって、太陽の出ている時というのは非常に貴重なのだろうなと思います。
(だから、多少寒くても外でお茶するのでしょうかね)

私に関していえば、サマータイムがそれほど好きではありません。
たった1時間ですが、この違いに体をなじませるのは大変です。
サマータイム開始直後、時計の上では同じ時間に起きていますし、睡眠時間も変わりないはずなのに、なんだか疲れている感じ。

確かに日が長いことのメリットもあるのですが(夜遊びして、多少遅くなっても安心であるとか)、
明るい時間を有効に使わないといけないという観念に、私はなんだか疲れてしまいます。

私の今の身分ですと、時間が自由になるし、一人の時間が長いということもあるしで、
サマータイムの意義にピンとこないだけなのか……。
また、こちらで生まれ育った人と、日の出ている時間の価値が違うのかもしれない……と思ったりもします。

夜が好きということもあるのかもしれません。
暗闇は、不安も生み出すけれど、安心感も生む気がします。
世界が眠る準備を始めると、私ももう休んでよいのだと思える。
明るい状態では、世界がまだ活動中な気がして、なんだか気持ちが休まらないのです。

何年か前、オランダで6月下旬から8月下旬までの時期(まさに夏)を過ごしたことがありますが、
来る日も来る日も、なかなか来ない夜を待ってばかりいた……。

私の知人には、暗く陰鬱な冬を嫌う人が多いです。
逆に私は、いつまでも夜の帳の下りない夏が来ることに、少し怯えている。






  1. ソーイング・編み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。