Alles goed

バーミンガムでの育児生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
ミュンヘン① 旧市街を歩く :: 2016/02/15(Mon)

2月13日の記事の続きです。

ミュンヘン中央駅に到着後、まずはホテルに向かいました。
今回のホテルは、中央駅の近くのホテル。
気づくのが遅かったのですが、基本的に大きな駅の近くってあまり雰囲気が良くないのですよね……。
駅から近いと何かと便利で安心(?)と思っていましたが、少し中央駅から離れた場所の方が、落ち着いた雰囲気なのではないかと。
ミュンヘン中央駅周辺は、これまで行ったドイツの都市の中では一番雰囲気がよくないように感じました。
歓楽街もあるし、酔っぱらっている様子の人も多い。
そして、なぜか駅前には、酒瓶を片手にもった人々が集まってくるのですよねえ……。
電車に乗るわけでもなく……。
駅構内にはそのような人々は入ってこないので、構内は安心できるのが幸いですが。
到着早々、なんだかびくびくしてしまい、来たのは間違いだったのかとさえ思うほどでした。
バイエルン州はドイツ国内でも治安のよい州だそうですが、ミュンヘン中央駅周辺の夜の一人歩きは避けたいところです。

さておき。
チェックインを済ますと、すでに14時を過ぎていました。
だいたいの観光スポットは17時で閉まってしまうので、今日は町歩きをしつつ、レジデンツだけ見に行くことにしました。

メインストリートであるノイハウザー通りを進むと、フラウエン教会(下記参照)が見えてきます。
フラウエン教会が近づくと同時に、警官が多くなり、なんだかピリピリした雰囲気にも包まれました。

ミュンヘンの新市庁舎。近くでみると、とても迫力があります。

P2130353.jpg

左のほうに見える二つのタマネギみたいな形の塔は、フラウエン教会の塔。
この独特の形の塔は、ミュンヘンのシンボルだそうです。
新市庁舎の前の広場ではデモが行われていました。

新市庁舎には、ドイツで最大の仕掛け時計グロッケンシュピールが。

P2130350.jpg

ペーター教会。

P2130352.jpg

聖ミヒェエル教会。

P2130340.jpg

この教会の地下には、ルートヴィヒ2世をはじめとする、ヴィッテルスバッハ家の墓所があるそうです。

歩いている途中にあった、噴水と銅像。

P2130339.jpg

どうしてハトって、こっけいな風景と化してしまうような場所にとまるのでしょうねえ……。

町を散策しながら、レジデンツへ。





この日は、町中でデモが行われていて、驚きました。ぴりぴり、がさがさした雰囲気。
警官の多さに、今日は何かあるみたいだ……という予感。
デモは、難民受け入れに反対する側と、それに対して擁護する側と、両方でした。
私としては、どちらの主張も理解できるのだけれど、どちらかの側に立ってしまうと、おかしい点が出てきてしまうので、どういうふうに考えたらよいのか……という感じです。
別な視点が必要ということなのかなあ。
ミュンヘンで行われた安全保障会議で主要なテーマとなった問題は、どういうふうに解決できるのだろうか。


関連記事
  1. ドイツ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ミュンヘン② レジデンツ | top | 車窓から>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/02/16(Tue) 11:06:14 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメさんへ

おっしゃる通り、自分の意見を主張する方法には、デモ以外の方法もありますよね。真正面から対立する方法では解決に至らないこともありそうで、別な方向からのアプローチもあるのではないか……と考えたりします。
とはいえ、私も鍵コメさんと同じで、何かを主張するとき自分から行動を起こすというのはなかなか難しいなと感じています。問題に向き合わねばと思いつつ、自分ができることやすべきことを考えては立ち止まってしまい、なかなか直接問題に対峙できなかったりします。
  1. 2016/02/16(Tue) 20:53:40 |
  2. URL |
  3. おしゃま #7JZfjjgM
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/176-dff6c473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。