Alles goed

バーミンガムでの育児生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
スティンキーと『ムーミンコミックス』の思い出 :: 2016/02/20(Sat)

スティンキー。
だいぶ前から作っていたのですが、今日目と口をつけて完成しました。

P2200582.jpg

いつ登場したのだっけ?と思い出そうとするのですが、その場面が思い出せませんでした。
それもそのはずで、実は原作小説には登場しないのですね。
調べたら、ヤンソンさん原作のものでは、コミックスにのみ登場しているよう。
(アニメのほうはわかりません)

P2200577.jpg

『ムーミン・コミックス』というものがあります。
1954年から15年間、ヤンソンさんとその弟さんが、ロンドンの新聞に連載した漫画です(途中からは弟さん一人で描いています)。
風刺色が強く、小説とはだいぶ雰囲気が違います。
小説はしっとりしていますが、コミックスのほうはパサパサした感じ。小説の幻想的な雰囲気はあまりないかも。
あのムーミンの世界とは別物、と思って読んだ方がよさそうです。

私が持っているのは、2000年から2001年にかけて、筑摩書房から発売されたもの。
当時は一か月に一冊ずつ配本されていました。
私の住む町では売っておらず、模試を受けるために行った仙台で発見。
ちょうど受験生の頃だったのです。それ以来、模試のたびに購入していました。
あの頃は、模試の後、県内で一番大きな本屋さんに寄るのが楽しみだったなあと思い出します。

今だったら、ネットを使えますから、家にいながらいつでも欲しいものが手に入ります。
欲しい時は一気に「大人買い」っていうのも、できないことはない。
でも、何かがなくなってしまう気がします。期待とか、わくわくとか、ちょっとの不安とか……。

そうではなかった頃の、なんとなくいい思い出。

コミックスは全14巻。
帯についたクーポン?を出版社に送ると、ムーミンの小さなカレンダーがもらえました。
一年間ちゃんとカレンダーとして使いましたが、その後も大事に保管してあります。


関連記事


  1. ソーイング・編み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ヴィース教会 | top | フュッセン散策>>


comment

スティンキーの表情が,何とも絶妙でいい雰囲気をかもし出していますね。
仲間がたくさん増えて,おしゃまさんのお部屋,賑やかで楽しそうです♪
  1. 2016/02/21(Sun) 13:03:33 |
  2. URL |
  3. 山麓 #w4Ib0zSU
  4. [ 編集 ]

山麓さんへ

スティンキー、毛のもさもさ具合もいい感じで、思った以上にお気に入りになりました♪
もうすぐ引っ越しですが、たくさんの仲間と一緒に、大移動になりそうです(^○^)
  1. 2016/02/21(Sun) 19:21:38 |
  2. URL |
  3. おしゃま #7JZfjjgM
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/180-90c66e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。