Alles goed

バーミンガムでの育児生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
バーゼルを歩く④ トイワールド・ミュージアム :: 2016/03/05(Sat)

2月27日から書いている「バーゼルを歩く」の続きです。

渡し舟に乗り、ライン川のほとりを歩き、ミッテレレ橋を通って再び大バーゼルに戻ってきました。
てくてく歩き……

P2273866.jpg

バルフュッサー広場に到着。

P2273904.jpg

広場に面して建つ、バーゼル歴史博物館。
教会の中に博物館があるようです。

P2273926.jpg

しかし今回は、トイワールド・ミュージアムに行きました。

P2273870.jpg

テディベアと人形、ドールハウスの博物館です。

P2273877.jpg

アンティークドールから、世界各国の人形まで集められています。
今は傘の企画展をしているため、壁に傘がたくさん。
傘の前は、たしか靴だったかな?ユニークな展示をすることでも有名。

P2273876.jpg

「携帯の写真はOK」ということで、携帯で撮影しました。
私の海外用携帯はスマホなのですが、全体的にとても性能が低いので、画像がちょっと残念です。

入ると、たくさんのテディベアたち。

20160227_120519.jpg

カオス……。

この博物館は、展示の仕方がおもしろい。
コレクションを使って、ジオラマを作っています。

20160227_120826.jpg

そのシーンもユニークなのですよね。遊び心に満ちています。

20160227_121045.jpg

なんだか、シュヴァンクマイエルの『ジャバウォッキー』を思い出します。

20160227_125358.jpg

ぬいぐるみを使った展示のほかに、シルバニアファミリーのような、小さな人形を使った展示もありました。
小さいのにすべて精巧にできていて、うっとりしてしまいます。

20160227_122724.jpg

ドールハウスもたくさんありました。

20160227_123121.jpg

思えば、こんなにたくさんの本格的なドールハウスを見たのは初めてかもしれません。
小さいころはドールハウスが大好きで、たくさん本を持っていました(そして自分でも作っていました)。
実物が見られて、感動です。

20160227_125616.jpg

以前は、人形のいないドールハウスが好きでした。人形がいないほうが、想像力の広がる余地があると思っていたので……。
でも、人形がいるのもよいものですね。
動きがでるというか(人形は動きませんが、気持ちの問題)、部屋が生き生きする気がします。

びっくりしたのは、これ↓

20160227_125932.jpg

アイアンメイデンを始めとする、拷問器具……。
これはおとながコレクションするためのドールハウスなのでしょうかね……?

20160227_130255.jpg

布やソーイング用品のお店↑に、文房具屋さん↓……。ドールハウス熱が再燃しそうです。

20160227_130821.jpg

ミュージアム内のクマは、本当に楽しそうでした。

「わーい(*´▽`*)」
20160227_130409.jpg

「なんか小さい瓶がいっぱいある~\(◎o◎)/!」
20160227_130501.jpg

クマ「モーツァルトのまねー( *´艸`)」
人形「……‼」
20160227_130223.jpg
 ※『アマデウス』に、モーツァルトがスカートの中に隠れるシーンがあったと思うので……。

20160227_130922.jpg

このミュージアムは、いつまでいても飽きなさそう。
とても素敵なミュージアムでした。

続く。




関連記事


  1. スイス
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<バーゼルを歩く⑤ ティンゲリーの噴水 | top | 前進>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/192-1cf37bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。