Alles goed

バーミンガムでの育児生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
バーゼルを歩く⑥ バーゼルの日曜日 :: 2016/03/09(Wed)

最近帰宅が遅く、なかなか記事が書けません。
バーゼル旅行記の続きを少しだけ。
2月28日の日記です。

2月28日は日曜日。
ドイツもそうでしたが、スイスも日曜日はほとんどのお店が閉まっています。

話が逸れますが、ドイツでは、法律により、小売店の日曜日の営業が禁止されているそうです(もちろん、スーパーも)。
ヴッパータールの日曜日の朝は、ちょっと怖いくらい静かだった記憶があります。
ただ、駅中のお店は例外。ミュンヘン中央駅のお店は夜遅くまで開いていました。
ちなみにオランダでは、以前は日曜日閉店のお店が多かったですが、最近は開いているお店が増えました。
(オランダのスーパーは、特別な祝日以外は無休で、夜遅くまでやっているので助かります。)
とはいえ、開店は普段より遅めで、12時からのところが多いです。

なのでバーゼルもシーンと静まりかえっているのではないかと思っていましたが、10時くらいにホテルを出て市街地に向かうと、
すでに町にはぽつぽつと人がおり、散策を楽しんでいるようでした。
(お店は開いていないので、町を見て歩くのを楽しんでいるだけだと思う……)

この日行くことにした、「ティンゲリー美術館」は、市街地から少し離れたところにあります。
市街地を再び散策しながら、歩いていくことに。

P2280594.jpg

もうすぐイースターなので、うさぎの飾りが各所で目につきました。

P2280595.jpg

お菓子屋さんでは卵や、うさぎの形のチョコレートが売られています。
私も記念に(というよりパッケージに一目ぼれし?)、小さな卵の形の缶に入ったお菓子を買ってしまいました。

P2280597.jpg

惹かれる路地が多いです。
夏になったら、つたの緑が鮮やかになるのでしょう。

P2280598.jpg

かわいい窓辺も。

P2280601.jpg

まずは市街地をうろうろ。
その後橋を渡ってライン川沿いの道を歩き、ティンゲリー美術館へ行きました。

続く。

関連記事


  1. スイス
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<Hortus Botanicus(ライデン大学植物園) | top | 日本の日常 in Leiden>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/10/14(Sat) 11:33:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/195-6e878fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。