Alles goed

バーミンガムでの育児生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
住所変更の手続きとDigiIDについて :: 2016/03/16(Wed)

今朝は市庁舎で住所変更の手続きをしてきました。

市庁舎に行くと、番号札をとる機械のところに、タブレットを持ったおじさんとお姉さんが待機していました。
どうやら訪れた人のサポートをしているよう。
おじさんに「住所変更の手続きしたい」というと、「アポイントメントが必要」とのこと。
さっそくアポをとることになり、おじさんは持っていたタブレットPCを使い始めました。
(最近は、どこでもタブレットを見るようになりました。そういう時代なんだなーと感じます)

しかし何やらうまくいかないようで……
「ちょっと待って」と、おじさんは窓口のほうに尋ねに行きました。
結局、アポは必要なく、その場で住所変更のフォームに記入し、IDのコピーとともに提出すればよいとのことでした。
(私が記入している間に、同じように住所変更したいという人がやってきました。そのおじさん、今度はスムーズに案内できたようです。)

また、DigiIDを持っているなら、市庁舎を訪れずとも、オンラインで住所変更できるとのこと。
DigiIDは、デジタルのIDということですかね。
市庁舎や様々な政府の機関で利用されており、各種手続きがオンラインで行えるようになるようです。
紙の身分証明書を提出するかわりに、インターネット上でDigiIDにログインすることでidentificationを行う感じ。

DigiIDは、昨年の家賃補助申請の時に登録しました。
しかし、何のサイトなのか特に説明もなく(あったとしても、同時にしていた作業でいっぱいいっぱいで聞き逃した可能性大)、私の方でも調べもせず、とりあえず登録だけした感じ。

市庁舎(Gemeente Leiden)のウェブサイトで、引っ越しの際の手続きを見てみました。
トップページのSnel naar→Verhuizen(引っ越し)→Aanvragenのタブを選び、Verhuizen binnen Leiden (DigiID)(ライデン内での引っ越し)をクリックすると、DigiIDのページにとぶようになっているようです。
なるほど、こういうふうにidentificationするわけだな、と納得。

今朝窓口を訪れた時点では、この方法のことを知らなかったため、念のため窓口で手続きしたいと言ったのです。
先ほど渡されたフォームに必要事項を記入し、パスポートのコピーとともに窓口に提出。
住所変更手続きが済むと、郵送で知らされるとのことです。
それを入手したら、次は前のアパートのデポジットのリファンドの手続きです。
引っ越しは完了したけれど、引っ越しに関連した作業はもう少し続きます。







関連記事


  1. 滞在の諸手続き
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<in-between | top | 新しい部屋>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/204-e132033d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。