Alles goed

バーミンガムでの育児生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
スプリット散策・後編 :: 2016/08/07(Sun)

引き続き、スプリットを散策。

ペリスティルの西側にある洗礼室に。
ディオクレティアヌス帝の時代はユピテル神殿でしたが、のちにキリスト教の洗礼室にされたのだそうです。

P7300030 (640x480)

奥の像は、洗礼者ヨハネの像。

P7300032 (640x480)

天井に顔が……。

P7300033 (640x480)

スプリットの旧市街は、古代ローマの時代、その後に移り住んだ人の時代……というように、
歴史の積み重ねが明確に感じられて、おもしろい町だなと感じます。

前庭。
宮殿の玄関だったところだそうです。ドーム型で、丸く空いた天井。

P7300026 (640x480)

私が訪れた時には、前庭には人がほとんどいませんでした。
ひと組のカップルの女性が、中央でくるくる踊っていて、絵になる風景でした。

四つの門のうちの一つ、銀の門です。これは内側から見たところ。

P7300040 (640x480)

銀の門の脇にあったレストランの入り口。
旧市街のお店はどこもよい雰囲気。

P7300042 (640x480)

銀の門から外に出てみます。外には露店が並んでいました。

P7300044 (640x480)

再び宮殿内へ。

P7300055 (640x480)

P7300057 (640x480)

P7300064 (640x480)

地下宮殿にも行きました。

P7300068 (640x480)

地下宮殿はもともとは地上に建っていたと考えられているそうです。
そのため、現在地下宮殿と呼ばれるところは、その上層部と同じ構造になっており、上層部を支えていたとのことです。

P7300080 (640x480)

地下を見学した後、アパートメントのオーナーに薦められたマルヤンの丘へ。
旧市街から歩いて10分ほどのところにマルヤンの丘に通じる小道があります。
このような、緑の中の階段を上っていきます。

P7300090 (640x480)

緩やかで、ときどき平坦な道があるので、それほどきつくはありません。
(しかし振り返ると、クロアチア旅行は、美しい景色を求めてひたすら上り下りした印象……)
階段を登りきるとカフェと展望台がありました。
私の他にいたのは2~3人だったので、ゆったりと景色を眺めることができました。

P7300108 (640x480)

マルヤンの丘は広い公園になっていて、展望台からさらに上に登っていくこともできるようでした。
が、私はそろそろ帰宅することに。

P7300118 (640x480)

マルヤンの丘から旧市街への帰り道でも、美しい海と町の風景が見られます。
↓は宮殿と港に挟まれた、プロムナード(リヴァ)。

P7300119 (640x480)

↓は鉄の門。

P7300120 (640x480)

もう一つ青銅の門があるのですが、撮り忘れたようです。
青銅の門は、お土産物屋さんが連ねる地下部分への入り口(地下宮殿の入り口に通じる場所)。
写真には写っていませんが、通路の両脇にお土産物屋さんがずらっと並んでいます。

P7300028 (640x480)

スプリット到着後、青銅の門から旧市街に入ったはずなのに、完全に意識の外に……。
他の三つと比べると、少し印象が薄い門かもしれません。

うす暗くなるまで旧市街を見て回った後、アパートメントに戻りました。
土曜日だったせいか、夜中まで旧市街は賑やかでした。

続く。


関連記事


  1. クロアチア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<アドリア海の島めぐり(ビシェヴォ島&ヴィス島) | top | スプリット散策・前編>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/232-508191b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。