Alles goed

バーミンガムでの育児生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
ドゥブロブニクの城壁 1 :: 2016/08/11(Thu)

ドゥブロブニクの城壁。

P8010279 (640x480)

最初に城壁が作られたのは9世紀だそうです。
14世紀半ば以降、城壁が頑丈になっていき、現在見られる主要な部分は17世紀までにできたようです。
全長が2km弱で、高さは最高で25m。
1667年に大地震があり、旧市街の大部分が破壊されたそうですが、この城壁はほとんど被害がなかったとか。

P8010276 (640x480)

オレンジ色の屋根、美しい旧市街、町と町の間の田舎道って、何かを思い出させます。
なんだろう……と思っていたら、チェコ(プラハ)でした。

P8010281 (640x480)

私のドゥブロブニクのイメージは、地中海の海洋貿易で栄えた都市。
なぜかスラブ要素がすっぽりと抜けていました。確かに町の歴史はギリシャやローマとの関連もあるようですが……
クロアチア語はスラブ系の言語。クロアチア語で、クロアチアはフルヴァツカ(Hrvatska)。
パスポートに押された入国スタンプにも「HR」と書いてあります(最初は首をひねりましたが、これを知って納得しました)。
14世紀半ば~19世紀はじめ頃には、イタリア系住民とスラブ系住民が共存し、ともに繁栄を支え合っていたとか。
現在の町の様子や文化からは、イタリア(ローマ)の文化とスラブの文化の両方が感じられる気がしました。
ヨーロッパの東と西が出会う場所なのだろうか。

P8010284 (640x480)

そうそう、城壁は、出入り口が3箇所ありますが、一度でると再入場はできません。
入場料は、100クーナ(14ユーロくらい)でした。
滞在中、なんとなく景色を眺めに、というふうにはできないのですね……

P8010287 (640x480)

城壁から、ボートが見えました。
青い海に、ちいさいカラフルなボート。
おもちゃみたいでかわいかった。

つづく。

関連記事


  1. クロアチア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ドゥブロブニクの城壁 2 | top | ドゥブロブニク到着>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/237-cdd35798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。