Alles goed

バーミンガムでの育児生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
再びアテネへ :: 2017/02/21(Tue)

8月29日、アテネに戻ってきました。
再びアテネの観光。

まずアクロポリス博物館へ。

P8290080 (640x480)

入口。

P8290083 (480x640)

館内の床はガラス張りの箇所があり、下の遺跡が見られるようになっていました。

アテナイ(アテネ)の守護神は女神アテナです。
守護神をめぐるお話しがあります。アテナイ市の支配権をめぐって争ったのはポセイドンとアテナ。両者はアテナイ市民に贈り物をすることで、勝敗を決めることになりました。ポセイドンは泉を、アテナはオリーブの木を贈りました。結果、アテナイ市民は後者を選び、アテネを守護神として迎えたそうです。

P8290095 (640x480)

館内にはたくさんの展示物がありました。
なんとか閉館までにすべて見て回ることができましたが、最後のほうは駆け足でした。というのも、最初の展示に時間をかけすぎたため……。見学は計画的に。そして時間に余裕を持ってきた方がよさそうです。

博物館の後は、ハドリアヌスの門とゼウス神殿へ。
ハドリアヌスの門。

P8290097 (480x640)

ハドリアヌスの功績をたたえ、2世紀に建てられた門です。
西面には、「ここはアテネ、テセウスの古代都市」、東面には「ここはハドリアヌスの都市、テセウスのではない」と書いてあるとのこと。テセウスはギリシャ神話に登場するアテナイの王。ミノタウロス退治などで有名です。

ゼウス神殿。

P8290112 (640x480)

紀元前6世紀に建設が始まり、2世紀、ハドリアヌス帝の時代に完成したそうです。
現在残っているのは写真の柱のみですが、とても大きな神殿であったことがわかります。

次に、ローマン・アゴラ方面へ。
ハドリアヌスの図書館。132年に皇帝ハドリアヌスが建設した施設です。

P8290130 (640x480)

ローマン・アゴラ。ローマ時代初期のアゴラ跡。

P8290133 (640x480)

入場時間を過ぎていたので、外から眺めるのみでした。でも、通りから眺めるだけでも十分かな……という印象。
ローマン・アゴラのシンボル、風の神の塔。

P8290157 (640x480)

ローマン・アゴラの門。

P8290136 (480x640)

夜になると、アクロポリスの丘がライトアップされます。

P8290152 (640x480)

その後、町中をぶらぶら。アテネは夜も活気がありました。
オランダやドイツ、スイスなど、ヨーロッパの北のほうと比べると、夜遅くまでにぎやか、人も開放的な印象を受けました。

P8290165 (480x640)

つづく



関連記事


  1. ギリシャ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ルツェルンへ | top | 春をみつけた>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/254-b68b3833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。