Alles goed

バーミンガムでの育児生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
オランダのホームドクター(huisarts)制度 :: 2017/03/17(Fri)

スイス&フランス旅行記が終わりました。
ブログお休み中(夏~これまで)にあったことを記録として残しておこうと思います。

じつは結婚後、まもなく子どもができました。
日本でなら、妊娠したかな?と思ったら、まずは妊娠検査薬を使い、その後病院に行くのが普通ではないかと思います。
しかしオランダでは、日本とはちょっと違う制度になっています。
オランダで病院に行くのは初めてですし、わからないことだらけ。インターネットで情報集めを行うとともに、たまたまオランダに昨年妊娠した友人がいたので、彼女からいろいろな話を聞きました。

オランダと日本で大きく異なるのは、
①病院へのかかり方(全般)
②健診の場所(妊娠・出産)
③出産の場所(妊娠・出産)
(④保険)
だと思います。

今回は、①病院へのかかり方について。

P2240418 (640x480)

日本だと、病気やけがをした場合、すぐに専門医に診てもらいに行くと思うのですが、オランダではまず「ホームドクター」を訪れます。
ホームドクターはオランダ語だとHuisarts。英語だとGeneral Practitioner というようです。略してGP。
専門医(specialist)にかかるためには、ホームドクターからの紹介状が必要です。
(その後すぐ専門医に予約しても、診察が数週間後ということもよくあるようです。オランダでは、専門医の診察までかなり時間がかかります……。)

ホームドクターは、あらかじめ登録しておく必要があります。どの医師に登録するかは自由に選べるようですが、自宅近くの医師を選ぶのがほとんどではないかと思います。

さて、子どもができた時点で、私はホームドクターの登録さえしていませんでした。どうやって登録するのか、そもそも医師を選べるものなのか、登録料などがあるのか……何もわかりませんでした。
前述の友人に尋ねたところ、彼女の登録しているホームドクターは、インターネットを通して登録や診察の予約などもできるとのことでした。とりあえず、彼女に教えてもらった医師に登録。

……登録はしたものの、夫と相談したうえ、初めての病院は日本人向けの病院を利用することにしたのでした。

日本人向けのクリニックについては別記事に。







関連記事


  1. 妊娠
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<オランダの妊婦健診・出産の場所 | top | プティット・ヴニーズ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/265-6a0f0343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。