Alles goed

オランダでの生活を綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
オランダの妊婦健診・出産の場所 :: 2017/03/19(Sun)

妊娠してから、夫と出産までの計画を立てました。
実は来年度から、夫はオランダを離れ、別な国で仕事をすることになっています。
私のオランダでの任期はまだあるものの、オランダにひとり残って出産するというのは考えにくい。ですから、いったん日本に帰国して出産をすることに決めました。

しかし、私が研究を中断できる期間(つまり日本に帰国できる期間)も決まっています。出産予定日の6週間前から子どもが満一歳半を迎えるまでなので、結局妊娠後期まで、健診はオランダでするしかありません(その後、子どもを連れて一人オランダに戻り、研究を再開するのか?という大きな問題もあります)。

夫と話しあって、できれば日本人の妊婦さんが多く利用している病院のほうが安心できるよね、ということになりました。
実際には、どこで健診を受けても同じかも知れませんが、オランダの妊婦健診と出産のスタイルは、日本と大きく異なるのです。なので、気分だけでも、安心できるところのほうがいいと思いました。

では、オランダと日本で何が大きく異なるのか。

P2250455 (640x480)

まず、オランダで健診を受ける場合、大きく二種類の健診に分かれます。
①病院での専門医による健診
②助産院での助産師さんによる健診

オランダ人のほとんどは②を選ぶそうです。
オランダ語で病院は、ziekenhuis。ziekは病気、huisは家。病院は病気の人が行くところであり、妊娠出産は病気ではないから、病院は利用しないのが普通のようです(リスクのある妊娠・出産を除いて)。病院のほうが費用もかかります(保険でカバーされますが)。
病院では、医学的な面から健診とアドバイスが受けられますが、一回の診察時間は短く、さらっとした感じ。
助産師さんの場合は、もう少し時間をかけて、ソフトなサポートを受けられるとか。マタニティヨガなんかもあるそうです。

どこで出産するかも、日本と大きく異なると思います。
上記の①と②、どちらの健診スタイルを選ぶかで、出産場所の選択肢が変わります。
①の場合は、かならず病院での出産。
②の場合、病院か、自宅かが選べます。
オランダでは、なんと自宅での出産を選択する人が多いのだそうです。
その理由は、費用(もちろん病院のほうが高い)と、病院からの移動の手間なんかもあるということです。
実は病院での出産にしろ、入院の期間は一日ほど(24時間以内)で、すぐに帰宅させられるそうです……。しかもオランダの家は階段が狭く急なことも多い。移動が大変です。

そのかわり、出産後は、kraamzorg(クラームゾルフ)という産後のケアをしてくれる人が一週間ほど自宅を訪れて、様々なケアをすることになっています。あらかじめ出産前にクラームゾルフさんに連絡をして、計画を立てておくようです。
私の場合、日本での出産を決めていたので、クラームゾルフは手配をしませんでした。

さらに、健診の仕方や頻度についても、日本とは異なるようですが、それはまた別記事に。

それらを踏まえて病院の情報を調べた結果、日本語で予約や診察のサポートをしてくれる「ジャパン・デスク」のある病院を見つけたので、そこで健診を受けようということになったのでした。


関連記事


  1. 妊娠
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<オランダにある日本人向け病院 | top | オランダのホームドクター(huisarts)制度>>


comment

お腹の赤ちゃんのお母さん,おしゃまさん。ご懐妊おめでとうございます。
私まで嬉しいです。
色々な選択の機会があると思いますが,旦那様とお話されて決めていくその時間は,家族の時間。ステキな時ですね。
子どものいる暮らしは,それまでの暮らしから,様々にシフトチェンジすることになったり,その中で,自分の「道」をあらためて考えたり。。。。そのこと一つ一つが子どもからの「恵み」だと思います。
まずはお体とご自身をお大切にされて下さい。
おめでとうございます。
  1. 2017/03/22(Wed) 14:25:11 |
  2. URL |
  3. 山麓 #w4Ib0zSU
  4. [ 編集 ]

山麓さんへ

山麓さん、ありがとうございます♪
どこで出産するかや、どこで・どのように子育てをするかなど、すでに多くの選択に迫られています。子どもの将来、夫の将来、そして私の将来のこと……様々なことを考えなくてはならないのは、ときに悩ましいですが、大事な時間ですね。
私に関しては、結婚と妊娠を機に、これまで思いえがいていた道とは大きく異なる道を歩みそうです。でも、家族とともに生きることは、一人で自分の道を歩んでいくよりもきっと幸せだと思えます。
またしばらく変化の多い日々が続きそうですが、夫と子どものくれる幸せを感じながら、毎日を楽しみたいです。
  1. 2017/03/23(Thu) 09:36:28 |
  2. URL |
  3. おしゃま #m6Vu4wRY
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osyama2012.blog.fc2.com/tb.php/266-b9058e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。